Gulliver―不安の島―20210528

gulliver_theatre1000
体現帝国 第九回公演

Gulliver―不安の島―

 ◤劇場でも観れます◢ ◤映像でも観れます◢ ◤タダでも観れます◢ 
生演奏が鳴り響く中、生美術の上で生俳優が生照明に映し出され生観客が観る生生生生生演劇
ワタシタチの抱える≪不安≫の正体を巡り旅する物語

2020年12月に名古屋市内某所にて開催され大好評を博した『摩訶不思議移動式演劇アドベンチャー Gulliver―不安の島―』が装い新たに劇場版として登場。劇場でしか体験できない “演劇の魔法” をふんだんに盛り込んだ意欲作。
不安にまみれた皆様をお待ちしております。

日時|2021年5月28日(金)19:30~  29日(土)13:30~ / 18:00~
   受付・ロビー開場は60分前より。劇場内開場は20分前より。上演時間70分を予定。

会場|愛知県芸術劇場・小ホール
   〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知県芸術文化センター地下1階

料金|前売4,000円 / 当日4,500円 / ドネチケ4,000円 / 記録映像配信4,000円
 ※全席自由席
 ※ツケ払いOK
 ※ドネチケは5月14日(金)まで販売
 ※記録映像配信チケットは6月11日(金)まで販売
 ※コンビニ支払いの場合は、入金確認に時間がかかる場合があります。時間に余裕をもってお手続きをお願いいたします。
 ※入場順 ①20分前よりドネチケ+前売購入者、②15分前より前売購入者(パスマーケット・その他プレイガイド)、③5分前より当日購入者(当日精算・当日券・ドネチケ使用者)
 ドネチケとは・・・
  見知らぬ誰かに観劇体験を贈るシステム。ドネチケを購入すると購入された枚数分、当日劇場にてドネチケが配布されます。
  すると、配布されたドネチケを利用して誰かが本公演を観ることが出来ます。
  また、ドネチケと前売券を購入いただいたお客様へは特典として入場時に優先して御入場いただけます。
  より多くの方が体現帝国の作品に触れられる取り組みです。当日の配布枚数は体現帝国twitterを確認ください。
 記録映像配信について・・・
  舞台映像を定点カメラ1台にて撮影。先行して28日(金)18時頃にゲネを配信。30日(日)20時頃に本番舞台を配信致します。
  購入頂いたお客様は6月13日(日)23:59まで何度でも視聴いただけます。

NOクラスター★新型コロナウィルス感染症拡大防止への取り組みについてはコチラ
http://watabe-gouki.net/no_cluster

 
 
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢
チケット購入|
・パスマーケット https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/014z3i11gw0k5.html
・芸文プレイガイド(愛知県芸術文化センター地下2階)Tel:052-972-0430 ※前売のみ販売

 *一部に性的表現を含みます。ご了承の上お申込みください。
 *観劇中の携帯電話・スマートフォンの利用はご遠慮ください。
 *公演の進行上、開演後は入場を制限させていただく場合がございます。
 *車椅子でご来場のお客様はあらかじめご連絡ください。

<パスマーケット前売券購入の方>
 当日、劇場受付にてスマ―トフォンより発行されたQRコード画面をお見せください。
 スマートフォンなどが無い場合、発行されたQRコードを印刷してお持ちください。
<ドネチケ購入の方>
 決済終了と共に受付完了です。公演当日、購入された枚数分ドネチケが受付にて希望者へ配布されます。
<記録配信視聴の方>
 購入後、24時間以内に視聴URLをお送りします。24時間を過ぎて届かない場合はメールもしくは電話にて問い合わせください。
<ドネチケ利用の方>
 公演当日、受付開始時間より先着順で会場にて配布いたします。
<ツケ払い希望の方>
 事前にtaigenteikoku@gmail.comまでお問い合わせください。
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢
 
 
原作|ジョナサン・スウィフト作「ガリヴァー旅行記」より
演出|渡部剛己
音楽|Ko Tanaka  演奏|酢酸カーミン  音響|正木隆(有限会社まさき)
美術|早馬諒(妄烈キネマレコード)  照明|橋本武文(HL tech design)
演出部|近藤由美子  衣裳部|櫻井春菜子  音響部|鵜飼尚人、ヤスエタイラ  宣伝映像|春雨乃音
制作部|今井あや子、坪井菜摘、寺島久美子、nonaka
協力部|安部百夏、白山葵(愛蘭珈琲)、akari.iwamura、すぎうらまこ(星の女子さん)、西元明音

出演|田口佳名子、佐藤ゆり香、山田将平
   ナオミ、麓貴志(ろーまの平日)、梅田優起、正手道隆(劇団あおきりみかん)、咲々木アツコ

酢酸カーミン|T.Sax:ナカムラルビイ、Syn:minoji、B.Sax:shu、Drs:TAKICHI(THE ENDS)、Ba:久田康晴(匕首蝮)
 
 
問い合わせ|
Mail:taigenteikoku@gmail.com  Tel:080-5291-0078(制作 今井)

主催|体現帝国
助成|公益信託キャンドル演劇奨励基金 助成作品
 
 

Gulliver -Island of anxiety-

What is ANXIETY ? What is THEATRE ?

Date|May 28th, 7:30pm 29th, 1:30pm 6:00pm
Venue|Aichi Prefectural Art Theater・Mini theater
Ticket|advance \4,000 Door \4,500 Youtube \4,000
Contact|taigenteikoku@gmail.com

Director|Gouki Watabe
Composer|Ko Tanaka  Music|393carmine  Sound Director|Takashi Masaki
Set Designer|Ryo Hayama  Lighting Director|Takefumi Hashimoto
Direction Team|Yumiko Kondo  Costume Team|Hanako Sakurai
Sound Team|Naoto Ukai, Taira Yasue  Promotional video|Nono Harusame
Production Team|Ayako Imai, Natsumi Tsuboi, Kumiko Terashima, nonaka
Support Team|Momoka Abe, Aoi Shirayama, akari.iwamura, Mako Sugiura, Akane Nishimoto
Performers|Kanako Taguchi, Yurika Sato, Shohei Yamada
      Naomi, Takashi Fumoto, Yuuki Umeda, Michitaka Shote, Atuko Sasaki
393carmine|T.Sax:Ruby Nakamura, Syn:minoji, B.Sax:shu, Drs:TAKICHI, Ba:Yasuharu Hisada

Produced by TAIGENTEIKOKU
 
 

体現帝国とは

 2008年5月に演出家 渡部剛己が旗揚げした劇団。
 特に演劇実験室◉天井桟敷を主宰した寺山修司より影響を受け活動を続ける。
 恒常的に俳優の身体訓練を行うことで、
 舞台上の時空を歪ませた独自の世界を立ち上げることが特徴。
 年1回以上の本公演、それに伴う実験公演を行う。
 twitter facebook instagram LINE@

About TAIGENTEIKOKU
 TAIGENTEIKOKU is Japanese performing arts company which has established by director Gouki Watabe(Winner of Toga Theater Directors Competition Award 2016).
 Especially continue activities with influence from Shuji Terayama who directed performing arts company a laboratory of play TENJOSAJIKI(One of the top Japanese performing arts company).
 Particularly we have been expressing a unique world distorting the space-time on the stage by physical training of the actors.
 We give the performance more than once a year and give experimental performances also.

logo_koku

体現帝国は見たことのない世界を立ち上げ、共犯者の人生を変えていきます。
私たちはある程度、既に満たされた安全な社会に産まれ生活しています。この満たされた特別に何もしなくても十分に生きていける社会の中、わざわざ舞台芸術をやる意味は、見たことのない世界の探求だと考えます。
人は未知の世界に出会うことで、その後の生き方が変わります。今までに無かった考え方を知ることは人生を豊かにします。それは満たされた社会において不必要ともいえる舞台芸術が存在する価値であると考えます。
観客を含めた劇の参加者の人生を豊かに変える為には、まだ見たことのない上質な舞台芸術世界が必要です。
そのような圧倒的な世界を立ち上げる為には、ユニット公演等のその時だけ集められた集団ではなく、継続した積み重ねを持った劇団が必要だと考えます。
 

劇団員

 渡部 剛己  gouki watabe
  体現帝国主宰。超演出家。
  1987年生まれ、愛知県出身。アトリエPolarisを拠点とする。
  2008年-2012年 [体現帝国]を主宰。演出を担当。
  2012年-2016年 [演劇実験室◉万有引力]に所属。
  2017年より体現帝国を再開。
  集団の力に重点を置き、観客の想像力を鍵に舞台芸術でしか創造できない世界を制作する。
  未曾有の演劇を立ち上げていくことで、劇に関わる人の人生を変えていく。

  過去に[七ツ寺共同スタジオ][三重県文化会館]の企画制作に従事。
  舞台演出以外にも俳優や踊り手として舞台出演や、
  映像作品への出演、振付、絵画モデルなども行う。
  また、携わる作品の美術や音楽、照明を監修するなど多方面で活躍する。

  利賀演劇人コンクール2016 優秀演出家賞 二席 受賞

  web twitter facebook instagram

hanako_prf  櫻井 春菜子  Hanako Sakurai
  体現帝国所属。俳優。愛知県出身。
  幼少期よりバレエ、新体操を続ける。
  学生時代に渡部と出会い2010年3月より体現帝国へ参加。
  特異な存在感は体現帝国作品でも異彩を放つ。
yumiko_prf02  近藤 由美子  Yumiko Kondo
  体現帝国所属。俳優。鳥取県出身。
  高校演劇で活動の後、島根県にて市民劇に参加。2017年より東京にて活動。
  体現帝国第七回公演『白雪姫』観劇を機に2019年4月より体現帝国へ所属。
  日本舞踊 楳茂都流、書道七段

  twitter ⇒ @yumikon_chan
  instagram ⇒ @yumiko_maccaron

taguchi_prf  田口 佳名子  Kanako Taguchi
  体現帝国所属。俳優。岐阜県出身。
  2012年に七ツ寺共同スタジオ40周年記念公演に参加。
  以降、愛知県内で活動する劇団やイベントの舞台に年間1~2本のペースで出演。
  体現帝国第八回公演『しっぽをつかまれた欲望』へ出演後2020年7月より体現帝国へ所属。
sato_prf  佐藤 ゆり香  Yurika Sato
  体現帝国所属。俳優。三重県出身。
  高校演劇で活動の後、大学でも学生演劇を続ける。
  体現帝国第八回公演『しっぽをつかまれた欲望』へ出演後2020年8月より体現帝国へ所属。
  英語戯曲の翻訳を行う。

  twitter ⇒ @yucchan6211436

yamada_prf  山田 将平  Shohei Yamada
  体現帝国所属。俳優。神奈川県出身。
  2015年より劇団俳優座演劇研究所を経て東京にて活動を続ける。
  体現帝国第七回公演『白雪姫』を観劇。その後2021年2月より愛知へ移住し体現帝国へ所属。
  日本新劇俳優協会 会員

  twitter ⇒ @show_hey_1025
  instagram ⇒ @shohei1025play

過去公演

2008————————
 7月14‐7月17日 @名古屋造形大学スペースD(愛知)
 体現帝国 第一回公演
 『ゲゲゲゲゲキ』

 10月11日‐10月13日 @名古屋造形大学スペースD(愛知)
 体現帝国 第二回公演
 『修正』

 12月15日,12月20日 @NEXITY Paleta 2F(愛知)
 体現帝国 第三回公演
 『奥さんの坐薬』

2009————————
 4月26日 @若宮広場(愛知)
 体現帝国 実験演劇展示会
 『空間作成』

 11月16日‐11月17日 @七ツ寺共同スタジオ(愛知)
 C.T.T.名古屋vol.8 体現帝国
 『対』

2010————————
 3月19日‐3月21日 @G/PIT(愛知)
 体現帝国 第四回公演
 『対』

 12月30日‐12月31日 @ナンジャーレ(愛知)
 ミソゲキ2010 体現帝国
 『アイドル狂時代 ―過去と現在の錬金術―』

2011————————
 3月30日‐3月31日 @ナンジャーレ(愛知)
 C.T.T.名古屋vol.13 体現帝国
 『アイドル狂時代 ―ゼロ―』

●5月13日‐5月15日 @翔UPファクトリー(愛知)
 体現帝国 企画公演
 『アイドル狂時代』

 8月7日 @余遊亭(愛知)
 犬山アートプロジェクト カラフルワンダフル 体現帝国
 『進化論』

2012————————
 5月5日 @名古屋市民ギャラリー矢田(愛知)
 460人展 体現帝国
 『Danse les bonnes』

 9月8日‐9月16日 @sora cafe gallery(愛知)
 体現帝国 第五回公演女中たち関連企画 展示
 『幻想写真展』

●10月27日‐10月28日 @七ツ寺共同スタジオ(愛知)
 体現帝国 第五回公演
 『女中たち』作|ジャン・ジュネ

2017————————
●5月11日 @中野テルプシコール(東京)
 体現帝国
 『授業-試演会』

●6月21日 @中野テルプシコール(東京)
 体現帝国 第六回公演
 『授業』作|ウージェーヌ・イヨネスコ

 10月17日 @光明山東福寺 境内(神奈川)
 体現帝国 土方巽1960しずかな家Ⅲ
 『近代能楽集・班女』作|三島由紀夫

2018————————
●1月20日 @中野テルプシコール(東京)
 体現帝国 ワークショップ
 『美術と俳優』

●8月24日-8月26日 @シアターバビロンの流れのほとりにて(東京)
 9月14日-15日 @RUNNING MAN STD(秋田)
 10月5日-6日 @七ツ寺共同スタジオ(愛知)
 体現帝国 第七回公演 三都市ツアー
 『白雪姫』原作|グリム童話KHM53番「白雪姫」より

2019————————
●2月5日-11日 @七ツ寺共同スタジオ、演劇練習館アクテノン(愛知)
 体現帝国 ワークショップオーディション
 あいちトリエンナーレ2019 舞台芸術公募プログラム
 体現帝国 第八回公演『しっぽをつかまれた欲望』ワークショップオーディション

●9月25日 @愛知県芸術劇場・小ホール(愛知)
 あいちトリエンナーレ2019舞台芸術公募プログラム
 体現帝国 第八回公演 『しっぽをつかまれた欲望』作|パブロ・ピカソ

●12月22日 @ユースクエア・プレイルーム(愛知)
 1月4日-5日 @雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール(島根)
 体現帝国 企画公演 あいち・しまねツアー
 『障子の国のティンカーベル』作|野田秀樹

2020————————
● 1月12日 @チェリヴァホール(島根)
 障子の国のティンカーベル しまね関連企画
 体現帝国ワークショップ発表公演『MONEY』

● 12月07-13日 @名古屋市内某所(愛知)
 野外移動式摩訶不思議演劇アドベンチャー
 体現帝国 第九回公演 『Gulliver-不安の島-』

過去作品映像集
 授業/班女/WS美術と俳優/白雪姫/WS一人芝居をつくる/障子の国のティンカーベル
 俳優鍛錬処・奈落の鍵/実験演劇・無限劇の扉


 

音楽

  
 

継続活動について

体現帝国ではユニットではなく劇団である以上、継続した積み重ねが技術に繋がり上質な舞台の上演に繋がると考えています。
そこから、毎週火曜日に『俳優鍛錬処・奈落の鍵』、月に1回『実験演劇・無限劇の扉』を開催しています。
日々鍛錬を積み重ね、定期的に課題を設定し実験公演を行うことで上質な本公演の上演を目指します。
どちらの企画も一般に開かれた企画です。どなたでも参加頂けますので興味のある方は詳細なウェブページを御確認ください。
http://watabe-gouki.net/training_laboratory/
naraku_1000 mugengekinotobira_1000
 

稽古見学について

体現帝国では稽古を公開しています。稽古場は名古屋市内。
稽古見学を御希望の方は1時間1000円にて見学頂けます。
なお、劇団入団希望者は無料で見学頂けます。
詳細はtaigenteikoku@gmail.com までお問い合わせください。
 

劇団員 募集

明るく楽しい劇団『体現帝国』
かわいいハート♡ おもいやりハート♡ なかよくハート♡
3つのハートを胸に、世界レベルの舞台芸術を一緒に作ろう!
俳優志望に限らず、演劇に関わる全ての部署希望者を受け入れています。
———-
・必要条件 体現帝国での活動を最優先に出来る心身ともに健康な18歳以上の男女。
・団費 月額1万円
・活動内容 定期的な基礎稽古、アトリエの維持運営。1年に1回以上の実験公演および本公演の開催。
      宴会・忘年会の開催。公演に合わせて出演料・交通費等支給アリ。
・申込 taigenteikoku@gmail.com まで御連絡ください。
———-
開け!次代の演劇
世界でここにしかない渡部の立ち上げるダークメルヘンな劇世界を共に創ろう。
私たちはある程度、既に満たされた安全な社会に産まれ生活しています。この満たされた特別に何もしなくても十分に生きていける社会の中、わざわざ舞台芸術をやる意味は、見たことのない世界の探求でしょう。人は未知の世界に出会うことで、その後の生き方が変わります。今までに無かった考え方を知ることは人生を豊かにします。個人を変える行為は、世界革命となるでしょう。
世界を革命する力を!!

bosyuu_anime_M



 
 
Copyright © 2015 渡部剛己.